セオービット株式会社

実験動物排水システムのパイオニア

固液分離機

●従来使用されている畜産糞尿処理用固液分離機を動物実験施設用に新規開発しました。 これにより、このシステムだけで多種の実験動物の糞尿が処理できます。
●素材は耐腐食性の特殊合金なので、長期の使用が可能です。
●運転、操作並びに保守も簡単で、運転経費も少なくて、経済的です。
●給水ポンプには、吸入側にカッター機構を有し、粗大固形物をカット吸入し、 分離機により排出が出来ます。
固液分離機規格

品番 所要動力(3P-200V-KW) 処理能力(l/min) 固液分離率(%) 固形物水分(%) 機械寸法(min) 重量(kg)
KE-9002 3.7 250~300(清水) 0.4mm以上80%以上 75~95 900×400×945 160
※尚、同様の固液分離機として、畜産用のものがありますが、実験動物用としては使用できません。
●ポンプにより吸い上げられた原排水は、セパレーターの下部よりロータースクリーン内部 に注入され、高速回転による遠心脱水を行います。分離固形物は固定されたナイロン製スクリューブラシで 払落され、らせん状のガイドを上昇し、スクレーパーにより機外に放出されます。
●ロータースクリーンとブラシを装備し、分離効率を高めています。
●外面ブラシは、弾性を似てロータースクリーンの外面を払拭し、目詰めを防止しているので、 長時間連続運転が可能です。
●分離機と汚水供給ポンプとはスプリット式なので、据付位置が別々に自由に選定でき、 重量が2分されるので取扱いが軽便です。
●原排水の供給、逆流の水量コントローラーは、分離機に装備されているので、調節は容易です。
●本機器には、原水ポンプなど、システムを完全に作動させるための、各種の付属機器が必要です。